非接触型カード


非接触型カードは、従来のプラスチックカードと違って、RFID(電波による個体識別)、高速処理・書換え耐性・低消費電力に優れた最先端技術を採用しているため、暗証番号入力やキャッシャーにカードを渡すことも必要がありません。カードに磁気ストライプを加えることによって、今までどおり従来のマシンでも使えます。この技術のおかげで、取引処理の高速化が実現できます。非接触型カードはさまざまな業界で広く使われています。最もよく知られているのは、高速道路の料金所及び駐車場で、読み取り機にカードを通すことです。使いやすくて、便利のため、通勤・通学定期券の非接触型カードを採用している都市がたくさんあります。