インクジェット印刷

特別なダイカット・プラスチックカード(例えば、バーコードや感熱印刷によるシーケンス番号など)に対しては、インクジェット印刷を利用します。感熱印刷で対応できないサイズになる場合は、インクジェット印刷を利用することになります。注意点として、インクジェット印刷をご希望の場合、必ず白地に情報を記載し、ご提供ください。耐久性を確保するために、先ず空白の署名欄を用いて、その上に情報を印刷します。そうすることで、情報の退色や落しを避けることができます。