動物IDカード


「動物ID」とはマイクロチップによる動物個体識別ということであり、RFID技術を利用して対象を自動識別したり、関連データを獲得したりすることもできます。
「動物IDカード」は動物情報(名前、生年月、性別、動物種と毛色、写真、病気記録など)、飼い主情報(氏名、フリガナ、住所、電話番号、その他の緊急連絡先、FAX番号、メールアドレス)を保存したカードです。万一動物が行方不明になり、その飼い主はこのカードによって動物管理関連部門に助けを求めることができます。また、もし動物が病気になり、動物病院等の獣医師はこのカード情報を読込み、タイムリーかつ正確な治療を行えます。

主な特徴は、高速スキャン、大容量の記憶、高安全性と信頼性などがあります。

いま、最も一般的な活用例は「マイクロチップの埋込み」による動物ID認識です。
マイクロチップの埋込みによる動物への障害はほとんどありません。日本国内で、動物ID普及推進会議及び日本獣医師会で諸外国の機関(WASAVAやBASAVA)の調べによると、動物体内に埋込んだマイクロチップの副作用、ショック症状等についての報告は、今までに1件も寄せられておりません。ワクチン摂取によるアナフィラキシーショック等と比較しても、安全性は高いと言えます。
体内での移動は、移動防止措置を講じていますが、まれに起こることがあります。しかし、皮下識内での移動であり、筋肉組織に入っていくものではなくて、読み取りに必要な距離は確保されるので、作成されているリーダーの説明書に従って操作すればほとんどの場合は読み取れる範囲での移動です。
マイクロチップを埋込んでいても、レントゲン撮影(マイクロチップが写りますが)やCTスキャン操作は支障なく行えます。MRIの画像は乱れることがあり、一般の動物病院等にある磁束密度が0.5T(テスラ)のMRIでは影響はほとんどありませんが、1.5T以上になるとマイクロチップに内蔵されているフェライトコアの影響で画像の歪みが認められます。しかし、磁界によってマイクロチップから発生する力はごく僅かであり、動物の体内における影響は認められません。また、メモリの消去、変更等もなく、MRI使用後のマイクロチップ番号の読み取りに支障はありません。